bars cross

計画研究A02 研究代表者

雨澤 浩史(あめざわ こうじ)
東北大学 多元物質科学研究所
教授

専門分野

固体イオニクス

関連する研究者

中村 崇司 東北大学 多元物質科学研究所・助教
木村 勇太 東北大学 多元物質科学研究所・助教

研究内容(概要)

蓄電固体界面の特異なイオン輸送・イオン蓄積特性を議論する際に、界面近傍の電極や電解質において生じる相状態、化学・電気化学ポテンシャル、局所構造・歪などの分布・変調を理解することは重要である。本研究では、放射光X線吸収分光やケルビンプローブ顕微鏡などの計測・観察技術を駆使し、蓄電固体界面のオペランド計測を行うことで、これらを実測する。例えば、我々は、蓄電固体界面近傍の電子・化学状態を数nmの深さ分解能で評価できるオペランド軟X線斜出射蛍光X線吸収分光法を確立しており、その結果、界面に掛かる電位状態に応じたSEI層形成の様子を直接観察することに成功している。本研究ではオペランド計測を通して、蓄電固体界面の諸物性を支配する因子を明らかにし、高・新機能界面の設計・創製を可能とする学理の構築へと繋げる。

蓄電固体界面のオペランド軟X線斜出射蛍光XAFS計測

代表的な研究業績

    関連ウェブサイト

    http://www2.tagen.tohoku.ac.jp/lab/amezawa/html/index-j.html

    連絡先

    koji.amezawa.b3 -at- tohoku.ac.jp [-at-=@]

    to top