bars cross

計画研究A04 研究分担者

喜多條 鮎子(きたじょう あゆこ)
山口大学大学院創成科学科
准教授

専門分野

無機化学、分析化学、電気化学、分離工学

関連する研究者

藪内 直明 横浜国立大学・教授
林 晃敏 大阪府立大学・教授

研究内容(概要)

本研究では、電極材料内のリチウム濃度を自由に制御することができる非晶質材料に着目し、過剰添加したリチウム源が電極―電解液(又は、固体電解質)界面に与える影響について検討を行う。また、電極材料内のリチウム濃度とリチウムイオン伝導度の相関について明らかとすることにより、新たな非晶質材料開発の指針を見出していく。特に、メカニカルミリング法を用いた非晶質材料の合成は、結晶質の材料とは異なり、フッ化物、硫化物、酸化物など様々な組み合わせが可能になる。これまで検討されたことのないフッ化物―硫化物の非晶質複合化材料へのリチウム過剰添加も合わせて検討することで非晶質材料による新たな固体界面の制御手法の開発に取り組む。得られた非晶質材料の結果を基に、結晶質材料への展開していく事で新たな固体界面設計に取り組む。具体的には結晶質材料へ非晶質化したリチウム化合物の添加効果について検討を進め、固体界面上でのリチウム濃度と電池特性の関係について明らかとすることで新たな固体界面設計の指針を見出していく。

非晶質LiFeSO4FのTEMイメージ / 結晶・非晶質LiFeSO4Fの充放電曲線

代表的な研究業績

    関連ウェブサイト

    連絡先

    kitajou -at- yamaguchi-u.ac.jp [-at-=@]

    to top