bars cross

公募研究A03 研究代表者

蓄電界面計測データ解析のためのデータ駆動イオン輸送モデリング手法の確立

安藤 康伸(あんどう やすのぶ)
産業技術総合研究所 機能材料コンピュテーショナルデザイン研究センター(CD-FMat)
主任研究員

専門分野

計算物質科学、マテリアルズ・インフォマティクス

関連する研究者

田中 優美 東京理科大・准教授
笠松 修輔 山形大・助教
一杉 太郎 東京工業大・教授

研究内容(概要)

蓄電固体界面におけるイオン輸送ダイナミクスに関する測定では、一般的に複数のイオン輸送過程が共存すること、また解析に用いる物理モデルが非線形であるなどの理由から、計測データの解釈およびモデリングが困難 となることが多い。蓄電固体界面研究における計算・計測のシナジーを高めるためにも界面計測データ解析の高度化は極めて重要な課題である 。本公募研究では、近年その重要性が増している情報科学との連携を基に、計測データに対する界面イオン輸送モデルのパラメータ推定をEMアルゴリズムや変分ベイズ法などのデータ駆動的手法によって高速化・客観化することを主たる目的とする。特に蓄電固体界面の計測手法である(1)熱刺激脱分極電流(2)電気化学インピーダンス測定 に注目し、これまで解析が困難であった計測データの解釈性を高め、界面イオン輸送メカニズムの解明に貢献することを目指す。

スペクトルに適したEMアルゴリズムによる高速モデル推定

代表的な研究業績

  1. K. Shimizu, W. Liu, W. Li, S. Kasamatsu, Y. Ando, E. Minamitani, S. Watanabe,
    Phys. Rev. Mater. 4, 015402 (2020). DOI: 10.1103/PhysRevMaterials.4.015402
  2. W. Li, Y. Ando,
    J. Chem. Phys. 151, 114101 (2019). DOI: 10.1063/1.5114652
  3. T. Matsumura, N. Nagamura, S. Akaho, K. Nagata Y. Ando,
    Sci. Technol. Adv. Mater. 20, 733-745 (2019). DOI: 10.1080/14686996.2019.1620123

関連ウェブサイト

https://unit.aist.go.jp/cd-fmat/index.html

連絡先

yasunobu.ando -at- aist.go.jp [-at-=@]

to top