bars cross

公募研究A04 研究代表者

固体電解質その場形成型電極の高速充放電機構の解明

猪石 篤(いのいし あつし)
九州大学 先導物質化学研究所 先端素子材料部門
助教

専門分野

無機材料化学、固体イオニクス、電気化学

関連する研究者

岡田重人 九州大学グリーンテクノロジー研究教育センター・特任教授

研究内容(概要)

MgH2を活物質とすることで、電極合材中に固体電解質の粉末を含有しなくても充放電が進行する。生成するLiHのイオン伝導性はそれほど高くないものの、そこをリチウムイオンが伝導することで高速充放電が可能である。本研究では、充放電時の電極合材中のLiHやMg、炭素の粒子同士の「界面」について、電気化学的手法やその他の解析技術によって評価を行うことで「その場形成固体電解質」を利用した高速充放電機構の原理解明を行う。

代表的な研究業績

  1. A. Inoishi, H. Sato, Y. Chen, H. Saito, R. Sakamoto, H. Sakaebe, S. Okada,
    RSC adv., 12, 10749-10754(2022). DOI: 10.1039/D2RA01199A
  2. H. Sato, R. Sakamoto, H. Minami, H. Izumi, K. Ideta, A. Inoishi, S. Okada,
    Chem. Comm, 57, 2605-2608 (2021). DOI: 10.1039/D0CC08366F
  3. A. Inoishi, T. Omuta, E. Kobayashi, A. Kitajou, S. Okada,
    Adv. Mater. Interfaces 4, 1600942 (2017). DOI: 10.1002/admi.201600942

関連ウェブサイト

http://www.cm.kyushu-u.ac.jp/dv07/dv07j.html

連絡先

inoishi -at- cm.kyuhu-u.ac.jp [-at-=@]

to top