bars cross

計画研究A04 研究代表者

藪内 直明(やぶうち なおあき)
横浜国立大学 工学研究院 機能の創生部門
教授

専門分野

固体化学、材料化学

関連する研究者

中山 将伸 名古屋工業大学・教授

研究内容(概要)

本研究では、蓄電固体材料の界面構造の高度制御により、高濃度イオン蓄積と高速イオン輸送を実現する固体材料の創製を目的としている。従来の固体イオニクスの概念では、固体中の界面濃度が低い材料において、高速なイオン輸送が行われるという考え方が一般的であった。しかし、近年、固体中の界面濃度を極端に増加させた材料において、様々な新機能が発現することがわかりつつある。そこで、欠陥濃度の高い準安定相材料などを利用することで、様々な界面構造を有する固体材料を合成し、このような界面構造・界面濃度の違いが蓄電固体材料における、イオン蓄積とイオン輸送特性に与える影響について明らかにする。これらの研究を通して、蓄電固体材料の高機能化を実現するだけでなく、これらの手法を応用することで、新しい蓄電固体デバイス実現へと向けた取り組みを行う。

様々な界面構造を有する材料とイオン輸送特性の比較

代表的な研究業績

  1. T. Kobayashi, W. Zhao, H. B. Rajendra, K. Yamanaka, T. Ohta, and N. Yabuuchi,
    Small, 15, 1902462 (2019). DOI: 10.1002/smll.201902462
  2. N. Yabuuchi, M. Nakayama, M. Takeuchi, S. Komaba, Y. Hashimoto, T. Mukai, H. Shiiba, K. Sato, Y. Kobayashi, A. Nakao, M. Yonemura, K. Yamanaka, K. Mitsuhara, and T. Ohta,
    Nature Communications, 7, 13814 (2016). DOI: 10.1038/ncomms13814
  3. N. Yabuuchi, R. Hara, M. Kajiyama, K. Kubota, T. Ishigaki, A. Hoshikawa, and S. Komaba,
    Advanced Energy Materials, 4, 1301453 (2014). DOI: 10.1002/aenm.201301453

関連ウェブサイト

http://www.yabuuchi-lab.ynu.ac.jp/

連絡先

yabuuchi-naoaki-pw -at- ynu.ac.jp [-at-=@]

to top