bars cross
プレスリリース 2019.11.21

林晃敏教授(阪府大:計画A04): Nature Communications 掲載

 林晃敏教授(阪府大:計画A04)らの研究成果がNature Communications誌に掲載されました。

 合わせて大阪府立大学からプレスリリースが行われました。

 「室温で世界最高の導電率を示すナトリウムイオン伝導性硫化物固体電解質を開発

  ―リチウムイオン電池を凌駕する次世代型全固体電池の実現に一歩前進―」

  https://www.osakafu-u.ac.jp/press-release/pr20191121/

 

 

 

 

 

to top